• hi1q2w@yahoo.co.jp
  • 03-5829-4372

CAMP Coin

CAMP-TOKYO      0    143 Views

CAMP Coin

Camp Globalが企画運営するプロジェクトSolar Hope Campにて使用されるトークン(CAMP Coin)です。
後進国と先進国を繋ぎます。



キャンプトークン(CAMP Coin)には、トークンの流通を活性化し、トークンの価値を高め、市場を安定させるための4つの経済があります。
それらは、CAMP DDRエコノミー、CAMP RBエコノミー、CAMP SHCペイメントエコノミー、およびCAMPDPエコノミーです。

CAMPエコノミー
特徴は、多くのトークンビジネスがトークンを使用するために不特定の多くのユーザーを想定しているのに対し、CAMPエコノミーはエチオピアの協力者であり保証された企業ユーザーである約8000万人のユーザーに基づいて構築されており、対象が特定されていないユーザーにまで及びます。

CAMP DDRPエコノミー
割引、入金、トークンの買い戻し、支払い取引のエコシステムです。
CAMP DDRPエコノミーは、割引によるトークンでの支払い意欲を高め、預金による市場でのトークンの安定化、および大規模なトークンの買い戻しによる価格の上昇を誘発します。

Camp Global Ethiopiaは、商取引との交換からCAMPトークンを購入します。
T&Cエチオピアの取引量は、コーヒーとゴマの取引により、少なくはないと予想されます。T&Cエチオピアは投資の条件としてコーヒーの販売権を取得するため、安定した取引が期待されます。

CAMP RBエコノミー
買戻しと焼却のエコシステムです。
CAMP RBエコノミーは、ソーラーホープキャンプから得た収益の10%を使用して、取引所からCAMPトークンを買い戻し、焼却します。トークンの合計量を減らすことで、流通しているトークンの量とトークンの価値の増加を導くのはエコシステムです。

経済は、トークンの買い戻しによって需要を増やし、焼却によって供給を減らして、活性化と価値の増加の2倍の効果を誘発するエコシステムです。トークンの焼却は、群集配布で配布されるトークンの量の50%に制限されています。

CAMP SHCペイメントエコノミー
ユーティリティトークンの自然な特性であるペイメントトレードエコシステムです。
ソーラーホープキャンプ事業には2つの事業構造があります。
1つはオフラインビジネスで、もう1つはオンラインビジネスです。オフラインビジネスは、ソーラーホープキャンプで日用品の取引に使用されるトークンであり、オンラインビジネスは、プロバイダーがコーヒーなどの地元の特産品を世界中の顧客に販売するショッピングモールビジネスです。すべての取引は、取引所で購入したCAMPトークンを使用して行われます。

CAMP DPBエコノミー
寄付、割引、支払い、焼却を伴うエコシステムです。
トークンを購入して寄付すると、取引所で大規模な取引が発生し、割引により、寄付地区の住民による購入が発生します。これは、寄付されたトークンの量を焼却して大規模な需要を誘発し、総供給量を減らす、3段階の活性化を伴うエコシステムです。
CAMP財団は、韓国を含む先進国の地区の政府と発展途上国の町と姉妹関係を促進します。これにより、地区間の絆と政府の姉妹関係が発展します。

Search

Calendar

    2020年11月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30